本文へスキップ

秋田県の地域課題解決に取り組む団体を支援するファンドです

トピックス

あきたスギッチファンドが設立10年を迎えました

あきたスギッチファンドが設立10年を迎え、平成30年1月27日()14時から秋田ビューホテルで設立記念行事を
行いました。


「画面をクリックするとチラシを見ることができます」


『開 会』
 
 挨拶 理事長 菅原展子
 
 御祝辞 秋田県あきた未来創造部地域の元気創造課 課長
           坂本 雅和氏


『寄付金贈呈式』
 秋田銀行行員有志の皆様、全国心臓病の子どもを守る会秋田県支部の2団体からの寄付金贈呈式を行いました。
  秋田県銀行行員有志の皆様から
寄付金 991,600円
贈呈されました
 秋田銀行専務取締役営業本部長
佐々木 利幸 様 
  全国心臓病の子どもを守る会
秋田県支部様から
寄付金 2,000,000円
贈呈されました
全国心臓病の子どもを守る会 秋田県支部代表
滝波 洋子様 

『感謝状贈呈式』
 ファンドの設立依頼継続してご支援を賜っている6社に感謝状を贈呈しました。
株式会社 あくら様
株式会社 秋田銀行様
みちのくコカコーラボトリング株式会社 秋田営業部様
ヨコウン 株式会社様
ダイドードリンコ 株式会社様
株式会社 福岡ドライクリーニング様

 株式会社 あくら様  株式会社 秋田銀行様
 みちのくコカコーラボトリング 株式会社秋田営業部様  ヨコウン 株式会社様

感謝状受領者を代表して、株式会社あくら社長
高堂 裕様からご挨拶を頂きました。


『記念講演会』
 演題:「地域の未来を創るコミュニティファンド」
 講師: 公益財団法人 パブリックリソース財団
     代表理事 岸本 幸子 氏
 パブリックリソース財団は、全国および市民や企業から積極的に寄付を募り、社会課題の解決に向けて活動する団体を支援している。今回は、寄付は人生の軌跡、未来への投資というコンセプトで、コミュニティ財団の意義、遺贈、休眠預金など寄付をめぐる環境の変化などについて講演。これからのコミュニティファンドのめざす方向を示唆するお話に、活発な質疑応答が行われました。


令和元年度の寄付合計額
210,066
(H31.4.1〜R1.5.31現在)

過去の寄付金合計

認定NPO法人
あきたスギッチファンド

〒010-1403
秋田市上北手荒巻字堺切24-2
遊学舎内

TEL 018-839-8941